世の中から取り残された感のあるひつじの日記

世の中から取り残された感のあるひつじの日記です

楽天証券つみたてNISAで、初心者向けの商品を考えてみた

こんにちは、爆走ひつじです。

今年からつみたてNISAが始まりました。

これを機会に投資を始めようと考えている方のために、楽天証券つみたてNISAで、初心者向けの商品を考えてみました。

 

初心者の人がつみたてNISAでつまずく所

最大の悩みは、どの商品を選んで良いか分からないという事だと思います。

爆走ひつじも相談を受けて、改めて考えてみたのですが、ふと気がついたのが、単体で債権に投資する信託商品がない事です。

株式に投資する信託商品は、低コストで魅力的な商品があるのですが、さすがに株式の投資信託100%で運用するのは、変動リスクが大きいです。

“債権はつみたてNISAとは別に買って税金払ってよ”というのが、金融庁の思いかもしれませんが、初心者に対して、ハードルが高くなっているなという気がします。

 

という事で、つみたてNISAで、株式、債権を同時に投資できるバランス型1本で、おすすめの投資信託を考えてみました。

つみたてNISA開始前に、以前調査を行なったのですが、今回は運用実績も見ながらスクリーニングしました。

f:id:sheepX:20180204185805j:image

 つみたてNISA(積立NISA)| NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

 

スクリーニングの条件

ずばり以下の6条件です。

  • つみたてNISA買付可能
  • 投資対象が、株式、債権を含むバランス型であること
  • 純資産が50億円以上である事
  • 手数料なし
  • コスト(信託報酬)が1.0%以内であること
  • 分配金再投資型であること

 

結果の分類

前述の条件に合致するのは、22商品でした。

取れるリスクは人それぞれであるため、株式の割合に応じて分類しました。

 

低リスク(株式30%)

国内と外国株式を合わせて、30%としている投資信託です。

リターンは低いですが、大きく減るリスクも小さいため、老後までの運用期間が短い方向けです。

ポートフォリオの違いを比べると、ダイワと三井住友は、国内債券が55%と高めですので、変動がかなり抑えられると予想されます。

 

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ トータルリターン  ポートフォリオ
ダイワ・ライフ・バランス30 0.1944% 122.41 2.43 8.07

国内株式20%、国内債券55%、

外国株式10%、外国債券15%

三井住友・DC年金バランス30(債券重点型) 0.2376% 85.07 2.49 7.7

国内株式20%、国内債券55%、

外国株式10%、外国債券10%、

短期金融資産5%

DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型) 0.1944% 82.15 2.32 8.3

国内株式20%、国内債券45%、

外国株式10%、外国債券20%、短期金融資産5%

 

中リスク(株式50%)

国内と外国株式を合わせて、50%としている投資信託です。

標準的な配分なのか、純資産が大きいファンドが多いボリュームゾーンのようです。

 

4つのファンドを比較すると、日本株式に対する比重の置き方に違いがあります。

最も日本株式の比重が大きいのが、三井住友の35%です。

逆に、世界経済インデックスファンドは、日本株式はわずか5%で、さらにインドや中国といった新興国株式が15%です。これは、各地域のGDPを元に比率を決めているからです。全世界で見れば、日本のGDPは数パーセントなので一理あるかもしれません。答えはわかりません。

今後、日本と海外のどの地域の経済の発展に期待するかで、選ぶと良いと思います。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ  トータルリターン  ポートフォリオ
三井住友・DC年金バランス50(標準型) 0.2484% 239.67 2.42 12.41

国内株式35%、国内債券35%、

外国株式15%、外国債券10%、

短期金融資産5%

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) 0.216% 210.71 2.35 12.58

国内株式30%、国内債券30%、

外国株式20%、外国債券15%、

短期金融資産5%

ダイワ・ライフ・バランス50 0.216% 89.42 2.42 12.3

国内株式30%、国内債券40%、

外国株式20%、外国債券10%

世界経済インデックスファンド 0.54% 544.32 2.12 16.37

国内株式5%、国内債券5%、

外国株式30%、外国債券30%、

新興国株式15%、新興国債券15%                           

 

 

高リスク(株式70%)

国内と外国株式を合わせて、70%としている投資信託です。

変動は大きいですがリターンも期待できるポートフォリオですので、老後まで時間がある若い方や資産に余裕がある方向けです。

国内重視であれば、三井住友・ダイワ、海外重視であれば、DCニッセイでしょうか。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ  トータルリターン  ポートフォリオ
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型) 0.2592% 125.5 2.38 17.28

国内株式50%、国内債券15%、

外国株式20%、外国債券10%、

短期金融資産5%

ダイワ・ライフ・バランス70 0.2376% 58.31 2.38 17.1

国内株式45%、国内債券20%、

外国株式25%、外国債券10%

DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型) 0.2376% 113.89 2.35 16.95

国内株式40%、国内債券15%、

外国株式30%、外国債券10%、短期金融資産5%              

 

中高リスク

株式、債権に加え、リート(不動産)にも投資するタイプです。

ファンド名 信託報酬 純資産(億円) シャープレシオ  トータルリターン  ポートフォリオ
eMAXISSlimバランス(8資産均等型) 0.2268% 87.27 --- ---

国内株式、国内債券、国内REIT、

外国株式、外国債券、外国REIT、

新興国株式、新興国債券に12.5%ずつ                         

iFree 8資産バランス 0.2376% 65 1.95 11.09

国内株式、国内債券、国内REIT、

外国株式、外国債券、外国REIT、

新興国株式、新興国債券に12.5%ずつ

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 0.54% 63.24 2.04 7.07

・国内と外国の株式、REITに 16.5%ずつ

・国内、外国、新興国の債券に11.0%ずつ

 

最後に

爆走ひつじは、4つの投資信託を組み合わせて、毎月つみたて投資を行っています。

リバランスは毎年1回行っていますが、意外と面倒になってきたのと、リバランスの度に「ポートフォリオは本当にこれで良いのか?」と毎回悩む(考えるのが楽しくなってしまう)ので、バランス型1本にできたら良いなと思う時もあります。

今回の調査で、1本で放ったらかしも行けるなという感触を得たことから、少し考えてみたいと思っています(結局考えるのが好きなだけかも)。

また、よろしくです❗️

 

 ※投資する際は必ず、投資対象ファンドの目論見書、運用レポートに目を通し、ご自身の判断で投資を行ってください。

 

blog.sheepx.biz